【半身浴deダイエット】 -その効果と方法は?-

【入浴法について】 正しいダイエット入浴法

ダイエットを意識した、正しい入浴法についてご説明します。ただし、その前に、一つ、気をつけて頂きたいことがあるのです。それは、お風呂に入る前の、いわゆる「ヒートショック」についてです。

「ヒートショック」とは、文字通り、冬場などに脱衣所や浴室に裸で入ったときに、全身で感じる急激な温度変化によって、血圧や脈拍、心臓などにショックを受けることを意味しています。お年寄りの死亡原因にもなっている「ヒートショック」ですが、意外に若い人でも、お酒を飲んだ後などには、突然に見舞われることも少なくありません。

その対策としては、入浴前に、脱衣所を電気ストーブなどで室温を温めておくことが有効です。浴室には、浴槽の蓋を外して湯気を立ち上らせておき、同時に、入浴の少し前から温水シャワーを出しっぱなしにして、室温と床のタイルの温度を温めておくと良いでしょう。
そうしておけば、シャワーを使い始めた際に、いきなり、冷たい水が身体に掛かるようなことも防げますし、入浴前から浴室内の水分量が高められることで、ミストサウナ効果を期待することも出来ます。

もし、ワンルームマンションなどで、浴室暖房乾燥機が備わっていれば、それで室内をあれば、それを動かしておくこともおススメです。バスタブに入る際には、お湯の温度は、季節やその人の体温にもよりますが、大体38℃〜40℃ぐらいに設定しておくのが良いでしょう。

ここで、大切なことは、熱すぎない温度にすることです。熱いお湯にいきなり浸かることは、心臓にも衝撃を与え、血圧も急上昇しますので、大変に危険な行為です。
また、熱い湯は交感神経を刺激してしまいますので、本来であれば副交感神経が作用してリラックスすべきバスタイムが、仕事中や運動時のようなアクティブな状況となってしまいます。その結果、心身ともに覚醒した状態になってしまうと、入浴後の睡眠への妨げにもなりかねません。


→※芸能人と女優が実践するモデルのキレイ痩せダイエットの方法


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2014 【半身浴deダイエット】 -その効果と方法は?- All Rights Reserved.