【半身浴deダイエット】 -その効果と方法は?-

【半身浴でリンパマッサージ】 リンパマッサージを実践!

では、具体的に「リンパマッサージ」の実践法について御説明致しましょう。
「リンパマッサージ」と聞くと、指圧のように「リンパ節」などのツボを押すことをイメージしがちですが、そうした“点”の「リンパ節」だけで無く、同時に「リンパ管」の流れに沿った“線”や“面”への刺激を加えることが大切なのです。 この「リンパ」の流れを促すマッサージを「ストローキング」といいます。

その意味は、文字通り、「ストローのように管の中に液を通すこと」、でして、「リンパ管」の中の「リンパ液」の流れを活発化することを指しています。
「むくみ」は、脚の先や下半身に溜まり易いので、「リンパマッサージ」は、脚の表面を足先から太腿に掛けて、適度な圧力を掛けながら、さすり上げるように行うことがポイントです。
つまり、この「ストローキング」作業と、「リンパ節」への指圧を組み合わせて行なうことが、「リンパマッサージ」の極意なのです。

では、部位別の「リンパマッサージ」の流れをご説明いたします。

<STEP1.> 足裏のツボの指圧
足の裏を合わせるようにして床に座って、土踏まずを中心に足裏のツボや、くるぶし骨の下の窪みを丁寧に、左右、各3分間ずつ指圧します。

<STEP2.> 「膝窪リンパ節」の指圧
つづいて、体育座りをして、膝の裏をふくらはぎから太腿へと、縦方向に押し上げるように左右、各2分間ずつ、指圧を行います。

<STEP3.> 「鼠径(そけい)リンパ節」
つぎに、今度は太腿の付け根を揉みほぐすように、痛みを感じない程度の指圧を左右、各3分間ずつ行ないます。
これらの『リンパ節』への指圧が終わったら、次に「ストローキング」を行います。

<STEP4.> 足首への刺激
足の甲にゲンコツを置き、足先から足首の方向にゆっくりと10回ほど引き上げ、次に、かかとからふくらはぎに向い、アキレス腱を摘むようにして10回引き上げます。
最後に、足首の周りを一周するように両足同時に2分間ずつ、ゆっくりと擦り上げます。

<STEP5.> ふくらはぎへの刺激
足首への刺激と同じく、脛からふくらはぎを一周するように、下から上へゲンコツを擦り上げたり、足の筋肉を掴むようにしながら両足同時に3分間ずつ、指圧を加えます。
そのあとに、皮膚の表面を手の平で一通り、下から上へさすり上げておきます。

<STEP6.> 太腿への刺激
脚を伸ばし、壁に背中をつけた状態で、太腿の内側を膝のあたりから脚の付け根に掛け摘んでいき、それを太腿の周囲全体に両足同時に3分間ずつ、行ないます。
さらに指先を立てて、太腿の表面を引き付けるように10回程度、繰り返します。

[スポンサードリンク]
→受付の高待遇求人を探す方法をチェックしよう!


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2014 【半身浴deダイエット】 -その効果と方法は?- All Rights Reserved.